パンくずリスト
  • ホーム
  • 投稿者 : wp@myremix.jp
投稿者:wp@myremix.jp

上海での隔離生活

上海で遂にロックダウンがスタートしました。

3/28~4/1までロックダウンのする箇所

4/2~4/5までロックダウンする箇所と上海を2つに分けて

現在ロックダウンを実施しています。

実際、4日間だけロックダウンであれ大きな問題は無いと思うのですが

私の友人はすでに2週間以上ロックダウン中です。

3/28~4/5のロックダウンは上海全体に影響が及んでいます。

ワイマイと呼ばれる出前の配達員も当然ロックダウンで外に出れないので

多くの人の食事のよりどころになるルートが絶たれています。

 

 

小区(社区)の隔離と棟の隔離、会社の隔離

なぜ2週間以上のロックダウンが起きているかというと

今回は上海市全体のロックダウンの話しですが

それ以外に日本でいうと団地程度のまとまりである小区と

マンション1棟ののそれぞれでも隔離、ロックダウンが個別に行われているからです。

コロナ患者が出たマンションの棟はすぐに次の日からロックダウンされます。

マンション1棟からの発生であればそれで済むのですが

別の棟でも発生すると、今度は団地全体でロックダウンされます。

これらをが複合的に継続して発生し長期にわたるロックダウンがおこなわれます。

また、住居だけでなく会社で発生した場合は会社48時間程度閉じ込められたり

デパートやスーパーで発生した場合は、5日間等、一定期間

閉鎖され出入り禁止となっています。

 

 

流通ストップと買占めによるオイルショック並みのスーパー品切れ

ロックダウンは人だけではなく物にも影響しています。

具体的にはすべての物流に影響しているトラック等の物流運搬車が

各地域の境界線から出入できなくなっています。

トラックの運転車両のドアに封鎖のシールを張られ外に出れないようにして

物の運搬をする等、規制が厳しく

スーパー、コンビニ、パン屋、食べ物屋、消費者すべてで

物の購入が困難な状態です。

上海のみならず江蘇省すべて同様の状況です。

※無錫市、昆山市、蘇州市等もロックダウン中です。

このまま物流が滞ると人民の生命にかかわってくるので

緩和されるとは思いますが現時点でスーパー、パン屋、コンビニ等で

食料品はほとんど残っていません。

在庫が少なくなってくると焦ってくるのが人の習性。

買占め心理も働き、一気になくなっていきました。

 

 

ワイマイの停止と支給品

上記の状況に加えてワイマイ(出前)が当局より

今回のロックダウン期間は停止処置されました。

買いだめできた人も出来なかった人もいるでしょうが

地区毎に支給品を送っている場所もあるようです。

支給品の中身は、、各家庭同じ内容で各種野菜と鳥丸ごと一匹。

料理が得意な住民であれば良いかもしれませんが

私の様に料理が出来ない住民だと、、ただの無駄になってしまうと思います。

選ぶことの出来ない支給品無いよりは有った方が良いでしょうがどうなんでしょうね?

 

今回は、ゼロコロナ政策中の上海とその周辺の状況一報でした。

 

 

日本人と中国人

同じ黄色人種、アジアでお隣の国

使う言葉は違えども、漢字の文化は共通。

日本人は中国から中国人が移動してきたのが発祥とも言われています。

中国人も色々な人がいますが

仲良くなってみると人間味があって素敵な人たちがいっぱいいます。

 

 

中国人の男性

日本人と相対的に考えると日本人の男性よりも中国人の方が

硬派な人が多い印象です。

日本では言い方が悪いですが女みたいな男等、男女ともに中性的なのが人気です。

感覚的に若い世代は本能的に中性的な人を好む傾向を個人的に感じてはいますが

中国では国の政策もあってなのか現時点ではそういう人は少ないです。

髪型も、短髪が主流で日本人の様に髪の毛を染めている男性は非常に少ないです。

 

 

中国人の女性

日本人もそうですが細い脚、細いウエスト、白い肌が

中国人女性の理想像の様です。

私は肌が白い方なのですが、よく女性に白い肌でうらやましいと言われます。

性格的には日本人女性と比べて自我が強い印象を受けます。

日本女性は受け入れる、理解しようとする心が強い傾向だと思いますが

中国女性は基本的に先に自分の意見や都合をぶつけてきます。

そのあと、ぶつかり合い折り合うのが通常の流れです。

中国人が日本人よりも大声で話している印象があるのは

この先ずは意見をぶつけ合うの性質が影響しているのかもしれません。

 

 

意見の食い違いがあると、、

美地上生活や、会議や打ち合わせの時に

意見の食い違いがあると、あくまで私の印象ですが

思い付きでその場限りの浅い回答をする割合が多いです。

約束をしたとしても、いつのまにか変更になっていることも多い傾向にあります。

こまめにコミュニケーションをとって何度も確認をすることが大切だと思います。

思考の視点の時間軸が日本人の方が長期視点なのが原因ではないかと思います。

 

 

中国人の組織や会社の印象

日本人は時間軸が長期視点と書きましたが

組織や会社の動きを見ていてもそんな感じがします。

新しい問題に直面した時、新しい規則ルールを決めます。

あたらいい事業を始めるときもそうですが

中国人は日本人と比べると始めるのがすごく早いです。

先ずはおおまかなことを決めて始めてしまう。

問題が出たらその都度対応して改善してくと言うスタンスです。

 

たとえば、コロナ対策でロックダウンを行う場合

初期にマンション等ロックダウンされた場所では、

食事や生活に苦労したとSNS等で見かけましたが

最近は、ロックダウン時に弁当が支給され、宅配も社区の担当が配達してくれる等

環境が目に見えて改善しています。

改善のスピードもかなり速いように思います。

 

日本人の様に1~100迄先に決めてからやっと動き出すのと

中国人の様にまず動き出して後から決める

どちらが良いか分かりませんが

 

私は何かを始めるときこの真ん中あたり

少し考えてから見切り発車

のタイミングを目標としています。

 

 

中国版Uber Eats(出前)ワイマイ

U-berが日本でも普及していますが

中国では電子マネーの発展に伴ってか日本で広まる5年程度前から

ワイマイと呼ばれる出前業務が一般的に使われる様になりました。

ワイマイを行っている店舗は非常に多く

店舗を構えている店のほとんどのお店で購入が出来ます。

新規開店の場合はスタート当初はしていなくても

店長さんに頼んだら始めてくれる位にメジャーです。

電子マネー決済なので非常にお手軽に利用できます。

 

 

業者の主な種類

中国のワイマイには主に3つの業者が有りました。

 

美団ワイマイ

百度ワイマイ

餓了ma(直訳すると「おなか減った?」日本語がないので発音からma表記)

 

この中で百度ワイマイが美団ワイマイに買収されて

美団ワイマイ、餓了maの2強時代を作っています。

 

どちらが良いかと言われても大きな差を私は感じません。

店舗によってはどちらかしか登録してなかったり

同じ商品でも値段が違ったりするので

私の場合、両方のアプリを入れその都度使い分けています。

 

 

水の配達はもちろん、薬屋、スーパー、コンビニ、ミルクティー等もワイマイ出来る

2大ワイマイ業者に加えて

スーパーマーケットやマクドナルド、ケンタッキー

ピザハット、スターバックス等も独自のワイマイを展開しています。

スーパーマーケットや大手通販業者「京東」のアプリでは薬も購入することが出来ますが

外国人が薬を購入する場合は薬関係購入は規制されていることが有るので

中国人の友人に頼むのも良いと思います。

※店舗に行って買う分には問題なかったです。

 

 

配達員、電動自転車の配達マナーは非常に悪い

中国でのワイマイは非常に便利ですが

道を歩いていると電気自転車に乗ったワイマイ配達員のマナーの悪さは目立ちます。

自転車用の通路が別にあるのにかかわらず

歩道を堂々と猛スピードで走ってきたり

逆走やスマホ通話しながら運転等やりたい放題です。

以前は、時間内に配達完了しないと一部返金等の表示があったのですが

最近はそれもないので

配達員個人のなるべく早く配達してもっと稼ぎたいという気持ちからの事でしょうが

電動自転車はほとんど音もなく走ってくるので注意が必要です。

 

 

簡単な頼み方~受け取り方の流れ

では、中国版ワイマイの流れです

1、APPインストールと登録(電子マネーの登録必須)

2、配達してもらう住所をAPPに登録(記入が難しい場合は出来る方にやってもらいます)

3、APPでお店、商品を選び購入

4、電話連絡が来るので受け答え

※中国語を話せない場合は、携帯から掛かってくることが多いので電話を切ってから

電話番号ショートメールで翻訳アプリを使って受け答えするのも良いかもしれません。

5、自宅で受け取る

※疫病等の原因で受付、門衛等の指定位置までしか配達できない場合もあります。

 

こんな流れでワイマイを利用してみてください。

 

 

 

 

中国の果物

中国の果物は全体的に、日本で見かける果物よりも少し小ぶりで

甘さも少し控えめな感じですが、種類が非常に豊富です。

国土が広いので様々な気候の地域があり

栽培できる果物の種類も豊富なのでしょう。

そして日本と比べるとかなり割安感がある価格で購入できます。

旬の頃ならすいか1個600円以下等、安いなって感じる価格で楽しめます。

 

 

中国国産と輸入果物

中国で入手できる果物は中国産の果物の他にも輸入果物があります。

例えば、パイナップルやチェリー、ドリアンなどが輸入品です。

輸入物の果物は中国国産の果物と異なり価格はほとんど

日本の輸入果物の価格と変わりません。

スーパーで中国国産の物と比べると価格が大きく違うのですぐにわかると思います。

 

 

日本であまり見かけないおいしい果物

日本ではあまりなじみのない果物もあります。

ドリアン、マンゴスチン、スターフルーツ、ハマミツ、パッションフルーツ、

ドラゴンフルーツ、サトウキビ(果物なのか?)等をよく見かけます。

中でも、ドリアン、マンドスチン、パッションフルーツが私はお勧めです。

果物の王様ドリアンは匂いがすごいですが食べてみると独特の濃厚な味わいがあります。

癖になる果物で中国に来てから大好物になってしまいました。

マンゴスチンも果物の女王様と呼ばれますが、お上品な味わいで食べないと損です。

パッションフルーツは中の粒粒を取り出して水や柑橘系の飲み物に混ぜると

酸っぱさとプチプチ感が追加され味のバリエーションを増やしてくれます。

 

 

中国では中国産果物を食べましょう!!

中国では日本食も各地にありますが

日本で同じものを食べるよりも高い場合が多いです。

また、日本料理ブランドを使っての商売重視のお店も多く、高いのに少し違う味と違和感を感じる場合も少なく無いです。

せっかく、果物のお安い国なので日本にいるときよりも果物をいっぱい食べましょうよ。